松月寺の歴史

 松月寺は曹洞宗の本寺、豊田市東広瀬(現在)の広済寺六世、実山(参)全秀大和尚を開山として、天正二年(1574)頃に開かれました。西加茂郡誌(三河後風土記?)には、天正四年(1349)開山と記してありますが、本当の所はよく分かっていません。

 古くは現在地より南の申刹(しんきり)という所にあり、太閤秀吉公の時代。天正十八年(1590)に大草城主改易後の領地没収に関連し、寺産を没収されて現在の場所に移ったと推測されます。二世、竹巖繁公和尚の頃です。

 当初、松月寺は准地寺院として、修行が行える寺格でありましたが、文政八年(1825)に放棄し、一般的な法地寺院として大我泰如大和尚が第一世として新たな歴史を歩み始めました。

 開山が天正二年とすると、400年以上の歴史を刻み、現在の本堂は三度目の建立物となります。最初の本堂の規模は不明ですが、およそ130年後に建て替えられています。

 二度目は准地時代、第六世明鑑吞了首座時代。五間半×四間半の建物。そこから更に130年後の法地時代、第二世寿山春長大和尚時代。天保四年(1833)に六間半×六間の本堂を建立しました。これが現在の本堂です。昭和二十八年(1953)に屋根を茅葺から瓦葺に替え、正面を向拝に造作しました。

・・一間は約1.82m

・・中央の屋根が前に張り出した建築様式

© 2019 大栄山 松月寺

愛知県豊田市大坂町168

TEL:0565-65-2048

リンク集

曹洞宗の公式サイトです

曹洞宗公式サイトです

増福寺バナー.png

風鈴寺こと増福寺さんのHPです

YOGAバナー.png

ヨガと禅 身体と心を整えます